高柳昌行 プロフィール

 1932年12月22日、東京 芝生まれ
 16歳からギターを始める。19歳でプロ入り  鬼敏剛トップハット
 ダディ・リトルコンポ(ニックネームの“ジョジョ”はダディ・リトルが名付け親)

 1954 ニューディレクションカルテット
(Vib:杉浦良三、g:高柳、b:滝本達朗、
dr:原田寛治)
56年頃まで、森安祥太郎、秋吉敏子、渡辺貞夫、宮沢昭等々と交友。
 1959 ジョージ川口ビッグ・フォー+1
 1960 ジャズ・アカデミー結成。(P:菊地雅章、g:高柳、b:金井英人、dr:富樫雅彦)
 1958〜63 銀巴里フライデー・ジャズ・コーナー、ジャズセミナー、新世紀音楽研究所を組織
 1964 高柳昌行 ジャズ・コンテンポラリー5結成
(Vib:神田重陽、g:高柳、b:稲葉国光、b:寺川正興、dr:富樫雅彦)
 1967 ボサノヴァグループ結成。
 1968 後進の指導の為、ニューアーティスト・オーガニゼイション発足。1975年に煉塾と改名。
高柳昌行ジャズ・コンテンポラリー4結成。(Vib:三戸部章、g:高柳、b:萩原栄治郎、dr:岸田恵二)
 1969.5 富樫、高柳5結成(ts:高木元輝、tp:沖至、g:高柳、b:吉沢元治、dr:富樫雅彦)
 1969.8 高柳昌行ニューディレクション結成。(g:高柳、b:吉沢元治、dr:豊住芳三郎)
初リーダーアルバム「INDEPENDENCE」録音(テイチクユニオン)
 1970.3 JAZZ誌の座談会“吹き溜りへの葬送曲は俺がかなでる!”この後、ジャズ喫茶関係から締め出しを喰う。都内唯一の活動の場はステーション70のみとなる。「call in question」 録音 ロクオン (P.S.F)
 1970.3.26 オーソドックスなスタイルで「A JAZZY PROFILE OF JOJO」録音(ビクター)
 1970.6.28 阿部薫とのデュオ「解体的交感」コンサート録音(Sound Creators) 1969年8月から1970年9月、なぎさ、ピットイン、 ニュー・ジャズ・ホール、ステーション'70、ジャズ・ベッド等にて活動。
 1971.6 高柳昌行ニュー・ディレクション・フォー・ジ・アーツ結成。(horn:森剣治、g:高柳、dr:山崎弘)
 1971.8.14 三里塚日本幻野祭に出演。「幻野〜71 日本 ニホン ゲン サイ 録音 ロクオン (URC)
 1972.4 高柳昌行ジャズ・コンテンポラリー再編。(horn:森剣治、b:萩原栄治郎、dr:津田俊司)
 1972.5.19 ニュー・ディレクション・フォー・ジ・アーツ初録音「FREE FORM SUITE」(TBM) dr:ジョー水木グループ参加。
 1972.6.1 ニュー・ディレクション・フォー・ジ・アーツ“マンスリーコンサート”
 1972.6 笠井紀美子のレコーディングに参加
 1972.6 菊地雅章のリサイタルに参加(菊地雅章+ギル・エヴァンスオーケストラ)
 1972.6 渡辺貞夫クインテットに参加。
 1972.1 ニュー・ディレクション・フォー・ジ・アーツに井野信義参加。
 1973.4 “マンスリーコンサート”の会場を渋谷ジァン・ジァンに移動。
 1973.6.30  フリージャズコンサート「INSPIRATION & POWER 」 録音 ロクオン (トリオ)
 1973.9.2 水野修孝のレコーディングにゲスト参加。「JAZZ ORCHESTRA '73」 録音 ロクオン (TBM)
 1974.8 「菅野光亮・高柳昌行デュオ〜パニック」録音(ビクター・未発表)
 1974.9 dr:ジョー水木退出。
 1974.9 ニュー・ディレクション・フォー・ジ・アーツをニュー・ディレクション・ユニットに改名。
 1975.3 「ECLIPSE〜侵蝕」録音(イスクラ)
 1975.4.30  米、ESPの依頼により「APRIL IS THE CRUELLEST MONTH」 録音 ロクオン (ALM)
 1975.9.5 「AXIS ANOTHER REVOLABLE THING 」「AXIS ANOTHER REVOLABLE THING Pat2 」録音(Offbeat Records)
 1976.1.16 "インスピレーション&パワーVol.2"にてb:翠川敬基とデュオ。「Green Revolution」録音(Offbeat Records)
 1977.11 TEE & COMPANYの3部作 「SONNET」 「SPANISH FLOWER」「DRAGON GARDEN」録音(TBM)全国ツアー。
 1978.12 クール・ジャズのグループ、セカンド・コンセプト結成。(g:高柳、p:弘勢憲次、b:井野信義、dr:山崎泰弘、)同グループは1980年6月頃までタローを中心に活動。
 1979.12.3 「COOL JOJO」録音(TBM)
 1980.3 急性気管支炎、肺炎の合併で入院。
 1980.5.26  西独メールスジャズフェスティバルに出演。「LIVE AT MOERS FESTIVAL」 録音 ロクオン (TBM)
 1981.1.15  食道静脈瘤破裂で倒れ慶応病院に入院。
 1981.10.18 名古屋ヤマハホール、ヤマハジャズクラブ100回記念コンサート
 1982.8.21  「LONELY WOMAN 」録音(トリオレコード)
 1982.12 高柳昌行アングリーウェイブス(g:高柳、b:井野信義、dr:山崎弘)結成。
同グループは85年5月頃まで、アケタの店、ピット・イン等に出演。
 1983.5.27  富樫雅彦とのデュオアルバム「PULSATION」録音(キング)
 1984.11.7 富樫インプロヴィゼイションジャズオーケストラの草月ホールでのコンサートに参加。「FOLLOW THE DREAM」 録音 ロクオン (キング)
 1985.1 ソロ・インプロヴィゼイションのリハーサルステージをアケタの店で始める。
 1985.1.13 アングリーウェイブス、浜 マツ シティー8で「850113」録音(Aketa's Disk)
 1985.10.5 ニューディレクションユニットをソロインプロヴィゼイションアクションダイレクトに移行した初めてのコンサートが、増上寺ホールで行われる。「ACTION DIRECT」 録音 ロクオン (ALM)
 1986.3.28 ジョン・ゾーンとのデュオ「EXPERIMENTAL PERFORMANCE WITH JOHN ZORN」 録音 ロクオン (Moby's Record)
 1986.8 高柳昌行、斉藤徹デュオ開始。同デュオは88年10月頃まで続く。
 1986〜88 渋谷ジァンジァンでのレギュラーコンサートの他はアケタの店、ラブリー、ジャズメンクラブが中心。
 1989.1 高柳昌行、井野信義デュオ開始。
 1989.11.17
 18.19 
新宿ピットインで“高柳昌行3DAYS”「タンゴ」「デュオ」「ソロ」と3つのコンセプトを演奏。
 1990.3.20 名古屋ラブリーにて井野とのデュオ「reason for being」録音(JINYA DISC)。(3曲収録)
 1990.8.4 渋谷ジァンジァンでのレギュラーコンサートから「inanimate nature」録音(JINYA DISC)
 1990.10.27 「ロマニシァェス カフェ」にて「reason for being」録音(2曲収録)(JINYA DISC)
 1990.10.28 ギターによるタンゴコンフルト ロコ高柳とロスポブレス結成記念コンサートがジァンジァンで行われる。「el pulso」 録音 ロクオン (JINYA DISC)
 1991.4.7 名古屋ヤマハホールにてコンサート“For JOJO”この頃から体調の悪化。
 1991.4.15 1975年録音の幻のESP盤発売記念コンサートが安田生命ホールで行われる。
 1991.4.27 ラストステージとなった名古屋、ギャラリーないとうでの"アクションダイレクトコンサート”
 1991.5 病状悪化の為、スケジュールをキャンセルする。
 1991.6.23 午前0時35分、肝不全のため東京新宿区の慶応病院で永眠した。
享年58歳。



 Copyright ©2007 JINYA DISC All Right Reserved.